ウォーターサーバー でミルクを作るときに気を付ける事

ウォーターサーバーはミルク作りに最適

ウォーターサーバーでも赤ちゃん用のミルクは心配無用して用意する事ができます。理由を言えば、ウォーターサーバーにはすべて軟水が使われていて、ミネラル分が少なくミルク作りに適しているからです。ミネラルが多々あると、赤ちゃんに負担が必要になる時もあるためミネラルが少ない軟水のほうがよいと言われています。そして赤ちゃんが泣いている時直ちににミルクが準備可能なよう、70?75℃にすり合わせ可能なウォーターサーバーを使用する事で、冷やす時を短縮できます。

水の種類

ウォーターサーバー各社が供給する水には、天然水とRO水の二種類があります。天然水はすべて軟水で、かつRO水は市販の赤ちゃん用の水として売られているものと同じピュアウォーターです。従って、アダルトと比較して抵抗力の弱い赤ちゃんにも問題なく、ミルクにも重宝する水と言えます。そして、ウォーターサーバーの各メーカーは困難な水準を設け、検査した後に水を出荷するなど、品質面での確か性に配慮しています。とはいっても、長期活用する事例は、取水口の清掃など家庭でのメンテナンスを怠らない事も重要です。赤ちゃんがお腹すいたーと泣いている中でミルクを仕込みするのは大変ですよね。

特に夜中は、泣き続ける赤ちゃんをなるべく待たせたくないもの。ミルクづくりには何個かやり方がありますが、ミルク用のお湯を沸かす一手間が省けるのは、心理的に楽に感じるはずです。ウォーターサーバーならミルクづくりにイチ押しされている70℃以上のお湯がもうに役に立つから非常に有益。なお、フレシャスには70?75℃という温度設定が可能な機種もあるので、冷ます時も短縮可能なのがうれしい秘訣です。赤ちゃんや乳児どもがいる家庭なら、チャイルドロック性能はひつようです。赤ちゃんは、つかまり立ちが始まるタイミング俗に9ヶ月ごろから、好奇心によりウォーターサーバーの取水レバーやボタンにさわろうとする事があります。レバーやボタンは娘の手に届く高さに据え付けされている事もあるので、やけどや、いたずらをしないようにチャイルドロック働きを装備しているのが一般的です。

ボタンを長押しして解除する質素なチャイルドロックの他、鍵を使った多段階ロックなど、ウォーターサーバーによってロックのテクニックも差異ます。さらに、温水だけでなく冷水にロックがかけられる機種もあります。ウォーターサーバーを据え付けするスポットや息子の月齢などを腹積もりたウォーターサーバーに欠かせない作業は、水ボトルの取り替え。ウォーターサーバーはボトルを上方に据え付けする機種が多々あるため、特に懐妊中は大きくて重いボトルチェンジは避けたいものです。

ママのトラブルについて

他にも、出産後の新生児の世話で腱鞘炎(けんしょうえん)になってしまうママさんも一定数います。首が座らない新生児の抱っこで手首に負担が必要になる事や、かつ出産後の回復していない体である事を思いめぐらす と、なるべくラクに取り替え可能なサーバーを選り抜くのがよいでしょう。ボトル取り替えのしやすさを優先し、ボトルを下部に据え付けするタイプのサーバーもあります。取り替えのしやすさを思い描くと、こういったタイプのサーバーを選べば負担が減るでしょう。まだ離乳食の始まっていない生まれたばかりの赤ちゃんは、臓器がランクアップしきっていない事から、ミネラル成分が豊富に内蔵されている硬度の高い水は向いていません。

カルシウムやマグネシウムが豊富な硬水を赤ちゃんに与えたケース、下痢を起こしやすくなると言われています。それ故、ミルク作りに使用する水は、赤ちゃんの胃腸に負担のかからない軟水をチョイスする必須があります。ペットボトルのミネラルウォーターの事例は、製品によって硬度にかなりのバラつきがあるため、調乳に使用する事例には配慮が必須です。ウォーターサーバーは、ミルク作りの時短にも役立ちます。例を挙げると、水道水を沸騰させて調乳する事例、赤ちゃんが飲める温度まで熱湯を冷ますために、5分ほど待つひつようがあるので時短が可能です。”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする