ウォーターサーバーをオフィスに設置するメリットについて


ここ数年でオフィスにウォーターサーバーを設置する会社が、だいぶ増えてきています。おいしくて安全な品質の水をオフィスで供給するのに、ウォーターサーバーは適しています。ではオフィスにウォーターサーバーを設置することで具体的にどんなメリットがあるのか、オフィスのウォーターサーバー設置についてメリットを中心に解説します。

従業員の水分補給を促せるから熱中症対策になる

猛暑の夏は、たとえ室内にいても熱中症になってしまうことがあります。むしろ室内のほうが熱中症になるリスクが高いといっても過言ではありません。エアコンがきいていて暑くない部屋で仕事をしている人なら熱中症リスクは低いですが、そうではない環境下で働いている人だと熱中症になる可能性があります。もしもオフィスにウォーターサーバー を設置すれば、従業員の水分補給を自然と促すことができます。ちょっとした仕事の合間の休憩に「水を飲もう」と思ってもらうことができます。

人の体は半分以上が水でできているため、水分を失えば健康を害することに直結します。ですからこまめに水分補給を行ったほうが良いのですが、オフィスにウォーターサーバー を設置していれば従業員が水を飲みやすくなります。会社が水を飲むことを推奨しているのですから、席から離れて水を飲むことに引け目を感じる必要はありません。従業員の健康を守ることは、会社がやらなければいけないことの1つです。オフィスにウォーターサーバーを設置すれば、従業員が水分補給をしやすくなります。

会社全体の飲料にかかる経費を削減できる

缶やペットボトルに入った飲料の自動販売機をオフィス内にたくさん設置するとなれば、それだけ余計な経費がどうしてもかかってしまいます。今は経費削減が避けられない時代ですので、会社全体の飲料にかかる経費も削減するのが好ましいはずです。オフィスにウォーターサーバーを導入することで、会社全体の飲料にかかる経費を効率的に削減できます。飲料の自動販売機を置かずに済みますからとても経済的です。

社員によっては水やお湯以外を求める声も当然あるでしょうが、その場合は別のサーバーなどを導入することによって解決できます。いずれにせよ自動販売機を減らしたほうが経費の削減になりますし、余計な経費をかけずに済むのは大きな魅力です。

従業員の満足感を高めるのに一役買う

会社内で自由に水を飲めたりお湯を使えたりするのは、従業員の満足感を高めるのに効果的です。サッと水が飲めたりカップラーメンなどを調理するのにお湯が使えるのは従業員にとって便利で、会社にバックアップしてもらったほうが良いのは間違いありません。

またオフィスにウォーターサーバーを設置すれば、福利厚生をしっかり充実させていることが従業員に伝わります。今の時代は、就労者が雇用先を選ぶ時代になっています。ですから福利厚生が充実していないようでは、就労者に働きたいと思ってもらうことができません。

また従業員が働くことに満足できなければ、離職率が高くなってしまいます。ですから福利厚生の面で従業員を満足させるのは、会社にとって必要不可欠です。オフィスにウォーターサーバーを設置すれば会社として従業員にどれだけ尽くせるのかの姿勢を見せることができますし、従業員が水やお湯を欲している時に不便を感じさせないようにすることはとても大切です。

まとめ

オフィスにウォーターサーバーを設置するのは、いろいろなメリットがあります。従業員の水分補給を促して熱中症対策ができるのはもちろんのこと、飲料の経費を削減したり従業員の満足感を高める効果にも期待できます。ですのでなるべくオフィスはウォーターサーバーを導入したほうが良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする