ウォーターサーバーを家庭で使う4つのメリット


ウォーターサーバーを導入している家庭が多くなってきていますが、どのようなメリットがあるのかがよくわからずに悩んでいる人もいるでしょう。なぜウォーターサーバーを利用するケースが増えてきているのでしょうか。家庭で導入するメリットを4つ紹介するので、導入する魅力があるかどうかをよく考えてみましょう。

いつでもおいしくて安全な水を飲める

ウォーターサーバーを導入するメリットとして最もよく知られているのがおいしい水をいつでも気軽に飲めることです。
ウォーターサーバーはサーバー本体はレンタルするのが一般的で、そのレンタル業者が販売している水のボトルを購入して使用することになります。その水のボトルに使われている水の種類はウォーターサーバー業者ごとに異なっていて、独自性が高い天然水が多くなっています。日本各地の天然水を採用している業者が多く、水道水に比べて味わいが深い水やすっきりとした水などがたくさんあります。好みに合うものを見つけて購入するようにすればいつでもおいしい水を飲むことができるのです。
また、塩素による消毒をしているわけではないので、残留塩素の問題もありません。高齢者でも子供でも安心して飲むことができる水が手に入るという点でも優れているのがウォーターサーバーです。

衛生的に使用できる

ウォーターサーバーを使うときに多くの人が懸念するのが衛生面です。ボトルに入れたままの水を何日もかけて飲むことになるので本当に安全なのかが疑問に思われてしまいがちで、飲み切ってしまうことができたり、冷蔵庫に入れておいたりできるペットボトル入りの水が好まれることも少なくありません。
しかし、家庭用のウォーターサーバーでは最低限の手入れだけでいつでも衛生的に飲めるように設計されています。
水の出る口の部分や受け皿などをきれいにしておけば、内部については常に衛生的に使えるように熱湯消毒などを自動で行うようにしてあるのです。さらに業者による定期メンテナンスも行ってもらえるケースがほとんどです。年に一回程度は完全にきれいな状態になるので、安心して使用し続けることができます。

温度を調節する機能がある

ウォーターサーバーの魅力として温度調節ができることも挙げられます。サーバーによって機能には違いがありますが、沸騰寸前の高温から冷蔵庫と同じ4℃くらいまで調整できるようになっているのが一般的です。温水、冷水という二つの組み合わせで設定しておけるため、お茶やコーヒーをお湯で直接いれたり、冷たい水をすぐに飲んだりすることができます。
赤ちゃんがいる場合には離乳食を作るときにも良いことが知られていて、熱湯で溶かした後に冷水を入れて人肌まで冷ますことが可能です。手軽にいつでも温水を出せる点は有用だとよく言われています。

水のボトルがいつもあるので災害対策になる

ウォーターサーバーを導入するメリットとしてもう一つ挙げられるのが災害対策です。災害が起こって水を使えなくなってしまったとしても水のボトルがいつでも手元にあるので飲料水を確保しておくことができます。
ウォーターサーバーのサービスでは定期的に水のボトルを配送してもらうのが一般的です。そのため、いつも新しい水のボトルが手元にあるということになります。特に買いに行く必要も、新しいかどうかを気にする必要もなく、いつでも防災対策のための水を確保できるのが魅力です。

まとめ

家庭用のウォーターサーバーは安全でおいしい水を衛生的に飲むことができることに加え、災害対策にもできるのがメリットです。温度調節もできることから利便性も高いことがよく着目されていて、利用者が増える理由となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする